ベイブレードバーストDB第2話「魔王vs絶対王者」

あらすじ

大黒天ベルが作り上げたダイナマイトバトルシステム。そのバトルは全ブレーダーを震撼させた。我こそ地上最強と知らしめるべく、世界中へ宣戦布告をしたベルのもとに現れたのは、なんと絶対王者、白鷺城ルイ。相手が誰であろうと動じないベルは、レイジロンギヌスよりも一回り小さなダイナマイトベリアルをその手に、不敵に笑う。「小さいから強いのだ」と余裕で言い放つベルに、絶対王者のロンギヌスが牙をむく!!

引用元:ベイブレードバースト公式ポータル

第2話は終始ベルvs白鷺城ルイの戦いとなりました

ルイは「白き暴君」との異名を持つレジェンドブレーダーとのことで、かなりの実力を持っているようです

使用するベイは「レイジロンギヌス」 白を基調としたこれまた強そうなベイです

しかし、そんなルイのことを全く知らないベル 今まではどんな生活をしていたんでしょうか 外の情報があまり入ってきていない様子です 挑戦者が来るとはいえずっと家の中でベイブレードをやってたんですかね

バトルの前にベリアルの分析をするルイ 「右回転、三枚刃、低い重心…」とベイブレードの大きさはロンギヌスの方に分がありますが、どうやら重心が低いことを警戒している様子です

まあ確かにベイブレードは重くて重心が低い方が安定すると思いますので正しい判断ですね(基本的に大きいと強いというのは重量のアドバンテージを指していると思われますので)

始まった両者の戦いですが初手ロンギヌスの攻撃をかわすベリアル 不規則な動きをするベイブレードのようです(だんだんと能力が分かってくるのは楽しいですね)

それに負けじと必殺技「レイジングアッパー」で反撃するロンギヌス 低い位置から相手を突き上げるアッパー攻撃でベリアルを空中高くに飛ばします

さらに、ベリアルの着地を許さずに攻撃し続けるロンギヌスでしたがベリアルのサイズが小さいからか攻撃を外してしまいます

ここから反撃に持ち込むベルはベリアルを呼び出します(黒い精霊の名前はやっぱりベリアルでした)

それに呼応するようにルイもロンギヌスを呼び出し、ついに両者決着の瞬間が訪れました

…勝利したのはベリアル! ロンギヌスが得意とする下からの攻撃のさらに下を行くダイナマイトボンバーでバースト勝利をもぎ取ったのでした

とても熱い戦いでしたね 両者の持ち味を存分に生かした戦いとなりましたが、低い攻撃という点においてはベリアルが勝っていたため勝利したようです

やたらと低い攻撃というのを印象付けてくる回でしたが、やはり下からの攻撃というのは強いのですね(確かにベイブレードは下からの攻撃には無防備そうです)

第2話でせきばーんが気になったところは黒い精霊が「ベリアル」さんという名前なこと そして、ベルとベリアルさんが普通におしゃべりしていたことです

あれはベイブレードとしゃべってるってことですよね やはり強いブレーダーはベイブレードと心が通わせられるということでしょう

結構凶悪そうな見た目のベリアルさんでしたが話してみると良い奴そうでせきばーんも安心しました

第3話はブラジルからの刺客とのバトルのようです これまた色々な意味で熱い戦いになりそうですね

それでは!

最後に

ベイブレード懐かしいなぁと感じたそこのあなた!せきばーんと一緒にアニメを見返しませんか?

ベイブレードの初代シリーズである「爆転シュートベイブレード」はU-NEXTで絶賛配信中です。アニメを見ながら昔の思い出を懐かしむのも悪くないですよ。当時の友達とベイブレード話で盛り上がりましょう。

現在、U-NEXTは31日間無料トライアルキャンペーンを行っていますのでベイブレード以外のアニメや映画、漫画、雑誌までがっつり楽しむことができます。気になった方は下記リンクから31日間無料トライアルの登録をしてみて下さいね。(本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

(U-NEXT公式ページ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA