ベイブレードバーストDB第10話「孤高のバニッシュファブニル!!」

あらすじ

「孤高の天才」の異名を取るレジェンド、フリー・デラホーヤとのバトルが決まったベル!エルサントでのバトルに向け、ファブニルの研究を進める。対策をアドバイスするランゾーとバサラだったが、魔王にアドバイスはいらないとケンカをしてしまう。そして始まるバトル!ベルは回転を吸収されづらいハイモードへとベリアルを切り替え、狙い通りにファブニルを追い込んでいく!一方のフリーは静かにバトルを見守るだけで…。

引用元:ベイブレードバースト公式ポータル

ベルvsフリーのバトルはBCソルのホームであるエルサントで開かれることになった 明日のバトルに備えて特訓を勧めるランゾーとバサラだったがベルは聞く耳を持たない ベルにはどうやら考えがあるようです

一方のフリーはなんだか余裕な様子 ファブニルのことを信頼しているようです

フリーの「弱点なんか見つけても意味ない」発言の真意は何でしょうか

エルサントで対峙する両者 バサラはベルにハイモードを使うようにアドバイスしますが、すでにベルはハイモードをセット済み ベルもどうやら対フリーの作戦を準備していたようです

ここでもフリーはベリアルの弱点が見つからなかったと発言していますね 相手の回転を吸収できるが故の余裕なのでしょうか

ついにバトル開始 フリーは低速シュートでファブニルを放ちます どうやら回転の吸収を狙っている様子です

対するベルはハイモードのベリアルで速攻、連続攻撃を仕掛けます ハイモードにすることでレイヤーの位置をずらしてファブニルの回転吸収効率を下げながら戦うつもりのようです

ベルが「ベリアル!」と叫ぶと今回のベリアルさんからは「いこうか!」と応答がありました ベリアルさんの語録が増えて嬉しいです

早速ダイナマイトボンバーをファブニルに叩き込むベリアル そのまま粉砕されるかと思われたファブニルですが ここまで一言も喋らなかったフリーが急に叫びます「うおおお!ファブニル!キックカウンター」

急に叫びだしたフリーにびっくりしました カウンター攻撃のタイミングを窺っていたんですね

ファブニルの強烈なカウンター攻撃がベリアルにヒット ベリアルはスタジアム壁面まで吹き飛ばされそのままバースト負けとなりました

回転吸収による持久力と相手の攻撃力が高いほど威力が上がるカウンター攻撃 ファブニルは相手が強いほど自身も強くなるのが特徴のベイだったんですね フリーの余裕にも納得です

フリーにあっさり負けたベルとベリアル しかし二人は勝負に満足そうです 「負けたんじゃない!勝つための準備をしたのだ」とベルが言い放ち第10話は終了します

一応負けは負けっぽいですがどうなんでしょう 非公式で再戦でもするのかな 先の展開が読めないですが今回の第10話はフリーとファブニルの強さが際立っていましたね 早くファブニルが欲しくなってしまいました

次回第11話はラシャドのベイが判明するようです そしてベリアルにもさらなるパワーアップの兆しが

それでは!

最後に

ベイブレード懐かしいなぁと感じたそこのあなた!せきばーんと一緒にアニメを見返しませんか?

ベイブレードの初代シリーズである「爆転シュートベイブレード」はU-NEXTで絶賛配信中です。アニメを見ながら昔の思い出を懐かしむのも悪くないですよ。当時の友達とベイブレード話で盛り上がりましょう。

現在、U-NEXTは31日間無料トライアルキャンペーンを行っていますのでベイブレード以外のアニメや映画、漫画、雑誌までがっつり楽しむことができます。気になった方は下記リンクから31日間無料トライアルの登録をしてみて下さいね。(本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

(U-NEXT公式ページ)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA