νガンダム(ニューガンダム)を勝手に紹介 【機動戦士ガンダム 逆襲のシャア】

こんにちはせきばーんです!

今回も勝手にMS紹介をやっていきたいと思います

今回紹介するMSは『νガンダム』です

前回サザビーを紹介したということはこれは外せないですよね!

機体の概要や作中での活躍も簡単にまとめますので、気になる部分があればチェックしてみて下さい

νガンダムとは

νガンダム は「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器でアニメーション映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年公開)』で登場しました

ガンダムシリーズの初代主人公であるアムロ・レイが自身のために設計した専用機で6基の遠隔操作式ビーム砲台であるフィン・ファンネルを背面に装備しているのが特徴です

映画では新生ネオ・ジオン軍総帥であるシャア・アズナブルが搭乗するサザビーと激闘を繰り広げました

作中設定

Ζガンダム製造の基本設計を基にアムロの提案である外装の強化とサイコミュの搭載を組み込んで開発された機体で、実質3か月という短期間で完成した

機体に用いる部材はΖ系MSモビルスーツのものを使用し、整備やアップデート、量産化を踏まえてほかの量産機のなかから選別したムーバブルフレームなどを使用するとともに内装火器は極力減らすように設計されている

これにより本機はU.C.0093年における最強クラスの性能を有するMSでありながら、整備性の高さや操縦が簡単で実用兵器としての信頼性も兼ね備えたバランスの良い機体として完成した

劇中ではアクシズに取り付いた量産機らが断熱圧縮によるオーバーロードにより1分弱程度で次々と爆走し自爆する中、スラスター最大出力のまま3倍以上の長時間を耐え抜き、量産機とは比較にならない破格の耐久性・信頼性を証明している

機体の特徴の一つであるサイコフレームは当初は技術の出自が不明であったが、アクシズでの最終決戦においてシャアがνガンダムに採用されたサイコフレームの技術をわざと連邦側に流したことが判明した

主な武装

ビーム・ライフル
バースト・セレクターの切り替えによってマシンガンのような連射に切り替え可能で、最大出力ならば戦艦の主砲レベルの威力を発揮する 劇中ではかなりの長時間使用されながらも、サザビーによって破壊されるまでエネルギー不足になることはなかった。

フィン・ファンネル(型式番号:AEV/PFF93AR)
板状の収納形態で左背面に6基装備されている 解放型のメガ粒子加速器を備えるタイプで、内部に小型の熱核反応炉(ジェネレーター)を内蔵していることで、従来のファンネルよりビームが強力となっている

5基のファンネルを頂点として四角錐型の対ビーム・バリアー(Iフィールドの発展技術)を張ることもでき、これによって機体の全周囲にビーム障壁による防御シールドを展開することができるが、機能が複雑化しているためアムロ並みの技量がなければ制御することはできない

シールド
裏面にビームキャノン1門とミサイル4発を装備 ビームキャノンは独自に稼動用ジェネレーターを備えているため一年戦争時に使用されていたビームライフル程度の威力を持っている

シールド表面に描かれた一角獣をモチーフとしたマーキングはアムロのパーソナルマーク

ビーム・サーベル
バックパック右側に装備されたメインのサーベル(カスタム・ビームサーベル) 当時のMSにおいて一般的だった、斬りかかる際のみにビームが出るオートパワーオン機構を採用してお、無駄なエネルギーの消費を抑えている

劇中ではサザビーの大型ビーム・サーベルのパワーを上回り、斬り合いで押されたシャアが悔しがる様子が描かれている

作中での活躍

作中冒頭、工場にて上半身と下半身が分かれた状態で登場 機体の調整が最後まで完了していない状態であったがアムロの手により調整は途中で切り上げられ実戦投入された

シャアのロンデニオン潜入の陽動として展開したネオ・ジオン軍部隊に本機が遠方からビーム・ライフルを最大出力で発射した際はこの威力を艦砲射撃だとネオ・ジオン軍は誤認し撤退することとなった

ギラ・ドーガによって本機の左足、右足、頭部にワイヤーをかけられた際はワイヤーから電流を流された機内のアムロの苦痛に反応して、フィン・ファンネル2基がワイヤーを切断し窮地を脱出 また、ヤクト・ドーガのビーム・ライフルによる攻撃をフィン・ファンネルによって撃ち落としている

クェス・パラヤの搭乗するα・アジールと、その護衛として随伴していたギュネイのヤクト・ドーガらと交戦した際は2機の高性能機とギラ・ドーガ部隊を相手に互角以上に戦ったがα・アジールとヤクト・ドーガのファンネル同時攻撃によりアムロが「やられる!」と叫ぶほど危機に陥る しかし、最終的にはフィン・ファンネルにより展開されたバリアーで難を逃れている

シャアのサザビーと最後の戦いでは二人の実力は伯仲しており、互いに武器を失い機体のダメージも蓄積していくが、最終的にはνガンダムが勝利し、サザビーの頭部から放出されたシャアの脱出ポッドを捕獲した

アクシズの破片の落下を阻止するべくアクシズを地球への落下軌道上から押し出そうとした際はサイコフレームの共振効果か本機が虹色の光と共に人智を超えた性能を発揮しアクシズを地球の重力圏から押し戻すことに成功した

おすすめプラモデル

最後に

勝手にMS(モビルスーツ)紹介しましたがいかがだったでしょうか 少しでも魅力が伝われば幸いです

最近のガンプラはとてもクオリティーが高く、塗装する技術が無くてもかっこいいものを作れるようになっていることが多いのでプラモデル初心者さんにもすごくおススメですよ ぜひぜひやってみて下さいね

また、U-NEXTでは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』が見放題で配信中です

プラモデル作成と一緒に実際のアニメをチェックすると作業が色々な意味で捗りますのでアニメでの活躍も一緒にぜひチェックしてみましょう

現在、U-NEXTは31日間無料トライアルキャンペーンを行っていますので『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』以外のアニメや映画、漫画、雑誌までがっつり楽しむことができます

気になった方は下記リンクから31日間無料トライアルの登録ができますのでチェックしてみて下さい

(本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

(U-NEXT公式ページ)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA