セイバーヴァルキリーを救いたい!

こんにちは!せきばーんです

セイバーヴァルキリーはみなさん使っていますか?

アニメではバルトやラシャドといった強キャラが使用しており、かなり活躍しているベイブレードですが、製品版のセイバーヴァルキリーって正直弱くない?とせきばーんは気づいてしまいました

せきばーんの技術の問題もあるのかもしれませんがShドライバーはジャンプ直後は加速も相まって攻撃力がかなり高いのですが、その攻撃がまず当たらないんですよね

ジャンプ後しばらくはスタジアム外周を回り続けることもあり、中央からほとんど動かないディフェンスタイプやスタミナタイプ相手にはほぼ攻撃を当てることができずにスタミナ負けしてしまいます

せっかくの大きくてかっこいい3枚刃がバトル終盤にしか活躍しないなんてもったいないと思いますので、少し部品構成を変更して他のベイブレードへリベンジしたいと思います

今回の改造

正直セイバーヴァルキリーの弱みはドライバーにあるとせきばーんは考えましたので今回はShドライバーを丸ごと他のドライバーにしてみたいと思います

ブレードの攻撃力を生かすため、ある程度持久力がありながらも適度にスタジアムを移動するようなドライバーを探していたところちょうど良さそうなものがありました

アストラルスプリガン改造セットに同梱されていた「ウェーブダッシュ(Wv’)ドライバー」です

Wv’ドライバーは細い軸先で持久力を確保しながらもスタジアムの段差に触れると加速することができるバランスタイプのドライバーです

このドライバーで持久力を維持しながら大きなブレードの攻撃力を生かしていく作戦で今回はやっていきたいと思います

ディスクはとりあえず使用していなかったNxディスクを使用します

(ジャンプ機構がなくなるとセイバーヴァルキリーっぽさがなくなる気がしますが考えないことにします)

セイバーヴァルキリー.Nx.Wv’-7

完成しました

総重量が71.8gと少し軽くなりましたが以前よりも安定したバトルを見せてくれるはずです

いざリベンジだ

今回の対戦ベイは以下の3つです

  • アストラルスプリガン.Ov.Qt-0(右回転、防御軸)
  • サイクロンラグナルク.Gg.Nv-6
  • ダイナマイトベリアル.Nx.Vn-2(F,V,Sギア装備)

全てローモード同士で10回バトルを行いました

VS アストラルスプリガン.Ov.Qt-0(右回転、防御軸)

対戦結果は、8対3でスプリガンの勝利でした

かなり激しいぶつかり合いが多かったですが、スプリガンの方が6.3gも重いためぶつかるたびにヴァルキリーのスタミナが大きく削れていく印象でした

ただ、ヴァルキリーの攻撃力はすさまじくスプリガンのロックが半分くらいまで外れていることがほとんどでした バーストも一度ありましたので重量差がありながらもかなり健闘したと言えると思います

VS サイクロンラグナルク.Gg.Nv-6

対戦結果は8対7でヴァルキリーの勝利でした

ラグナルクと比べるとヴァルキリーの方が重量があることもあり、ヴァルキリーの攻撃はかなりラグナルクを追い込んでいました 10回中4回ラグナルクをバーストさせていることからも攻撃力の高さが分かると思います

しかし、半分はラグナルクにスタミナで逃げ切られる展開でしたので、いかにバトル序盤から中盤のうちにダメージを与えられるかが重要そうです

結果はギリギリでヴァルキリーの勝利ですが、バースト勝利4回の印象はかなり強く、ヴァルキリーが圧勝したような印象を受けました

VS ダイナマイトベリアル.Nv.Vn-2(F,V,Sギア装備)

対戦結果は8対2でベリアルの勝利でした

やはり重量差8.2gの差は大きくベリアルの攻撃で大きく弾き飛ばされる場面が何度もあり、運よくオーバーフィニッシュ負けにならなかったバトルが多かったです

このままでは正直勝てる気がしませんでしたが、ベリアルの固いロックを2段階までは外していることが多かったのでここでも攻撃力の高さは窺い知ることはできました(他のベイでは1段階までしかほとんど外せたことがなかったです)

まとめ

今回のヴァルキリーの改造ですが目論見通り大きなブレードに攻撃力を生かす戦いはできていたと思います

バーストでの決着が増えるとベイブレードはやはり楽しいです

しかし、重量の壁はかなり高かったため次回やるとしたらディスクをもっと重いものにして再挑戦してみたいと思います

今回の記事がヴァルキリー使いの方の何かの参考になれば幸いです

それでは!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA